しぐれぽ

アクセスカウンタ

zoom RSS 遙かなる時空の中で3 Ultimate 景時ED

<<   作成日時 : 2017/07/10 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 将臣くんか景時さんで迷いました。

 しかし一章で弁慶について行くほうを選びましたので景時ルートです(九郎について行くと景時ルートに進めない)。

 二章。洗濯している景時さん、これが初めての出会いです。初対面で神子だということを知らない、景時さんの対応が好きです。フルボイスだと景時さんの軽さ倍増ですね。最近一番聞いている井上声はNCISのギブスですからギャップが凄いです。約束することで最初の絆の関突破。まだ恋愛ははじまってない感じ。

 三章。「そのまま攻め込んじゃいけない」で平家の陣を調べに行く。山ノ口の陣は空っぽ。本当は誰も傷つけたくないのが景時さん。仕事のできるお方です。九郎と一緒に行動するより安心感があります。 
 源氏の陣に戻って、一般兵の景時の噂を聞きます。望美ちゃんは石橋山の戦いの事を知りません。千葉広常(上総介)のことも。(←私もよく知らなかったので調べました。景時と双六中に暗殺したとのこと)平氏だっていうのも、血筋が桓武平氏なだけであるからそんなに重要視することではないと思います。また二人の内緒が増えました。
 三草山で火をつけられた時の景時さんの慌てっぷりに笑ってしまった。本当にへタレ(笑)。
 経正さんとは戦いませんでした。そういう選択肢もあったんですね。

 四章。前作では毎回必ず勝浦に寄って花火見ていたのですが、Ultimateでは初めてです。十六夜記の拠点システムでスルーされがちなのだと思います。3単体では選択せずにイベントに入った筈。

 五章。人物選択で景時さんを。追いかけて叱咤してついて行く。搦手の鵯越より本体の生田!
 合戦中、森で望美ちゃんがはぐれてしまいます。そこに通りかかったのは重衡さん平家のチンピラ兵。大ピーーンチ!ですが、景時さんが単騎引き返し助けてくれます。救出後景時さんが、梅の枝云々言うのは二度之懸のことです。「平家物語」では息子の景季を助けるために引き返しています。源平ファンへのサービスです。知盛と戦闘。その後平家には船で逃げられます。次に行くのは梶原さん家の鎌倉へ。

 六章。怪異をひとつ(ふたつでも可)片付けたら梶原邸で休憩。将臣は休憩している時間も惜しくて「アイツ」を探しに。敦盛くんもそれについて行く。白龍がイヤな予感に気づき、怨霊出現。普通のここらへんに出てくる怨霊×5体を倒す。と、いきなり頼朝来た。家で休憩したのが気に食わないらしい。その後、将臣たち帰宅。会わなくて良かった。
 残りの呪詛を解く。景時さんのサンショウウオのくだりは何度見ても和む。
 鶴岡八幡宮で鉄鼠&惟盛倒して、将臣と別れ、母上と別れ、六章終わり…じゃなくて続きがあった!
 腰越にて御家人登場。景時さんに鎌倉殿からの書状を渡す。顔を曇らせる景時。鎌倉殿所望のお土産って…九郎はストレートに解釈。おめでたいヤツ。
 九郎が去り、ため息つく景時さん。書状の内容はここでは聞いてはいけない。悲しいとか言うのも×(経験上)知ってはいけないものは無理に詮索してはダメ。結局内容は教えてくれなかったが☆。

 七章。普通にはじまったが、逆櫓事件発生。ここのへタレ景時さんには合っている戦法だと思います。フルボイス九郎が滑舌良く怒っているのは必聴。景時さんと行動し、九郎とは半日遅れで志度浦から上陸。総門までふたりきりデート♡
 総門で源氏苦戦。一応九郎と仲直りし、志度浦へ戻る。屋島の戦は「捨てる」。船で逃げ九郎と弁慶で会話。景時さんがいない。
 景時さんは一騎残り、忠度に名乗りをあげる。遙かの忠度の喋り方が憎々しい感じで嫌いになった。せっかくわざと爺キャラにしたのならもっと枯れた感じのほうが良かったのでは?
 スチル。こんなんあったっけ?モノローグがさみしい。八方塞がりな景時さんにはこういう最期しかなかったのかも。
 戦後。望美ちゃんは出家?死して源氏の英雄というのは史実よりはマシだと思いました。

 もう一回七章。総門に行き、また志度浦に戻る。望美はウソついちゃダメと景時に言い死亡回避。「大馬鹿野郎だ!」と言う九郎がベタ過ぎて笑えます。
 幻影取得し忠度倒す。平家は壇ノ浦に逃げた。浮かない顔の景時さん。

 八章。個別ルートに入った。のっけから景時は九郎に反対し揉めている。一般兵にも景時おかしい説が広まってきた。
 夜、二人で会話。景時さんは頼朝の雇われスナイパーだった。縋りつきスチル。ここの選択肢はどれも美味しいので事前にセーブして全部見ます。一人で逃げて→駿河で処刑。一緒に逃げる→源氏は勝利するが、二人は北へと逃げ続ける。ダメ!→正解。関突破。個人的には北に逃げるのもいいかなーなんて思います。
 上書き前には来なかった朝が来ました。田浦で政子に感じ悪いことを言われますが先に進むしかない。壇ノ浦にて知盛を倒し、政子登場。政子にうながされ、景時が狙う銃口の先には…望美ちゃん。前回プレイしてるから知ってたけど改めてショック。景時さん顔アップスチルの演出は前作なかった気がする。家族・郎党のため…ごもっとも。「大切な人」とか言われて嬉しい。

 終章。景時さんのモノローグからはじまった。意識を取り戻した望美ちゃん。景時さんの喜びが先ほどまでと打って変わって軽い。どっちが本当の景時さんなんだろう? 政子の話によると、還内府は捕まり、帝は無事。白龍の神子の仲間たちも捕まった。皆を解放するミッションのはじまり〜
 鎌倉で朔ちゃんと合流。景時に白龍の逆鱗を渡して別れ、朔ちゃんと二人きりで戦いへ。朔ちゃんも漢。江の島にて仲間一部確保。梶原邸にて母上と残りの仲間確保。
 一方景時さんは頼朝と交渉中。白龍の逆鱗を見せる。いろいろ見張ってる割に望美が生きてるって鎌倉方に知られていないのは疑問。
 望美ちゃんたちはダキニと戦闘。景時ルートなのに一緒に戦えないのはさみしいです。
 ネゴシエーターとしても景時さんは優秀。ダキニの敗北を知った頼朝は折れ、九郎は京の守護に、景時はその補佐役に。これで円く収まったらしい。ED。これが一番平和な終わり方だと思います。
 今回フルボイスで「望美ちゃん」と呼んでくれたのが嬉しかったのですが、個人的には「君」「あの子」呼びも好き。そして名乗りは至宝。

画像

 讒言讒言言われる景時氏の汚名挽回(※)のために御子孫が書かれた本。545Pもある大作。(私物・笑)

 ※汚名挽回ができるのは中村主水とジェリド・メサだけ!(中の人的に)





 ※ここから先は2004年発売当時の私の感想です。一人称の変更(オレ→私)や、あまりにも時代を感じる発言は削除していますが、クセの強い文章ですので苦手に感じられましたらお引き取りくださいますようお願いいたします。

 ※当時の攻略の順番です。
 弁慶、景時、九郎、ヒノエ、将臣、譲、朔、白龍、リズ、敦盛、+α
 人物別に掲載しますので、上の文章と差異が多少生じています。



 当時の取説見たキャラ所感。

 ・地白虎 梶原景時
 アチャー、梶原平三景時。よりにもよって私の好きな源平キャラ(キャラ言うな)ワースト第一位に輝いてるヤツか!源氏方の人間だったら熊谷とか畠山とか金子とか渋谷とか、もっと居ただろうに。大河(※)では中尾彬だよ!オッサンだっつーの!…でも、キャラはハマリ過ぎ。歴代地白虎の中でビジュアルが一番似てる(やめろって)。ツンツン短髪は反則。しかも垂れ目。マジ勘弁です。どっかの誰かさんと被りまくりです。妹がいるのでどうなるか。天真級のシスコンだったら萎えるな…。

 ※大河ドラマ「義経」のこと。ちなみに子の源太景季役は小栗旬さんでした。


 ゲームの感想。

 さて、どうしますか。一番早くED突入でできそうなのは、景時さんか。
 二度之懸終えて、弁慶イベント回避して、源氏の宴も回避した。坂東武者怖いから。
 鎌倉行きます。望美ちゃんは鎌倉市民なんだよね。梶原郷に行くのね。
 梶原邸到着。母上が居る。照れちゃうなぁ〜。は、はじめまして(赤面してどうする)。思ったより若い。出家してないらしい。娘が出家したら、母親もすると思うが。…母上、ガンガン誤解しちゃってください。
 佐助稲荷(ゲームの地名忘れた)。景時さん、式神使えるの?カッコイイ!サンショウウオ?かっこわる〜(笑)。今までの地白虎は、完璧で隙がなかったが、景時さんは気楽でいい。これで締めるとき締めてくれれば最高。
 梶原邸。兄妹の遣り取りが面白いです。はやく惟盛ブチのめしたい将臣くんには悪いけど、休憩しようっと。将臣くん、敦盛が抜けた。そして休めない。怨霊と戦う。せっかイベントだと思っていたのに…勝ったけど甘さが欲しい。
 うわ!頼朝だっ!この夫婦、絶対悪者だ。緊張した景時さん。黙っていればメチャメチャ男前なんだけどねぇ。ここはニコッと助けました。鎌倉殿に叱られちゃったから、ガンガン行かないと。次は切通(これも地名忘れた)。将臣くん、折り紙で人形作っちゃうなんて器用なんだね。多分伏線なんだろうな。子供の面倒みるのに慣れてるのも、言仁くん(安徳帝)のおかげか…。フクザツだ。
 井戸。なんか、鎌倉の地名って覚えにくい。リズ先生の五行講座は受けてみたいです。今、気付いたんだけど、これって玄武同士だったんだ。歴代で一番仲の良い玄武かも。今までも同じ四神の八葉で呪詛除きしてたんだ…(気づくの遅っ)。天地仲いいね。
 鶴岡八幡宮。敵のただなかに居るなんて、惟盛、いい度胸だ。ここの会話は、京と倶利伽羅と変わりなし。鉄鼠と戦うところも同じ。もう惟盛戦い慣れしてるから、あっさり封印。
 さらば、母上。さらば、鎌倉。えっ?鎌倉殿の書状?イヤな予感…。政子へのプレゼント?景時さんは軽く言うけど、途轍もないものだと思う。ふぅ…って、またシリアスな景時さん。星GET。
 還内府と清盛の会話。将臣くんと重盛さんってよく似てるんだ…って、見たい!水野絵の重盛さん!大将時代の武官束帯激しく希望(歴史バカ)。
 七章。既読部分だが、景時さんルートに進んでるの?…この展開は、逆櫓だ!ここで九郎と景時さん、仲悪くなるのか。ゲームの景時さんの性格からいうと、この逆櫓の作戦提案するのも、うなずけるかも。歴史通り行くと結局逆櫓は意味ないんだけど、これはゲームだから景時さんについていきます。そして、みんなと合流。屋島は確かに勝算はないけど、必死で頑張れば勝てる。
 オイ!戻っちゃうの?まあ、景時さんが言うなら仕方ない。えっ?景時さんがいない?って!まだ陸に残ってるるよ!しかもたった一騎でっ!ああ、名乗りがカッコイイとか、言ってられない!景時さん、フルネームで名乗ったよ。萌えるよ。ってそんな暢気なこと言ってる場合じゃない!
 モノローグ。悲しすぎ。船の上。弁慶、アンタの黒いところは散々見てきたから、仕方がなかったってことくらいわかる。九郎、泣いてる。私ももらい泣き。初めて聞いた音楽。悲しすぎ。
 望美ちゃん、出家したみたいだ。武士の誉れなんて、どうでもいい。そんな最期、認めない!上書きっ!
 止めに入ります。約束した時の軽さ、ものすごく似てるんですが。あなたは、嘘上手いと思いますよ(気にしないように)。
 さあ、二人で戦いましょう!…って、みんな来た。せっかく二人の世界に浸れると思ったのにー。今度は弁慶イイヒトだ。星GET。忠度、能登殿チックだね。教経出てこないから、一緒にされちゃったのかな。
 消える九郎。幻って、誰がそんな怨霊めいた術使ったの?景時さんの銃?新しい特技ですか。たくさん働いたから、景時さんには、休んでもらうを選択。でも、来ちゃったのね…。
 で!今度は名乗りの完全版。景時さんの父上は諸説アリらしいんだが。地白虎発表された時に、熱血系じゃない名乗りされたら萌え死ぬって書いたけど………やってくれたよ!うわぁい!!!
 薩摩守とも戦えるのか。同じ土属性だが、勝った。
 忠度さん、貴方の重厚さ、景時さんの軽薄さが合わないです。
 屋島へGO!
 もう平家は西海に逃れた後でした。しかし、「安徳帝」って会話文で言われたくない。鎮魂の為に佳い字を選んでつけられたんだからさぁ、アレは。
 キター!景時ルート!この和歌は知らない。あとで調べよう。(調べました。景時さん本人の詠だったわ。なにげに梶原一族和歌好きなんだよね)
 やっぱり、鎌倉殿から指示受けてるんだ、景時さん。望美ちゃんに打ち明けてくれる時がくるのでしょうか?
 聞いてもらいたいこと?うん。聞くよ。う〜ん。わたしはあなたが何を考えているのか、わかりません。あ…「オレ、ほんとにひどい奴なんだよ」ってセリフ、ここなのか…。鎌倉殿のスナイパーだったんだね。あなたは。………そんなに懇願されたら、一緒に逃げるしかないじゃないですか。
 セーブデータいっぱいとっといて(笑)…私もひどい奴だからさ、お互い様。
 一番選びたくない選択肢、一人で逃げて。駿河で処刑…十五年早いよ、景時さん…。
 今度は一緒に逃げる。奥州は行きたくない。もっと北も寒いからヤダ。ああ、これがBADEDか。この時点でスチル三枚残ってる。
 逃げちゃダメと選択。これが正解で星GET。まだ続くんだね。悲しいなぁ。
 壇ノ浦。政子、絶対悪いヤツだ。やっぱ、九郎暗殺を命じられてるのかなぁ。
 知盛と対峙。景時さん真ん中にしたから、いちいち戦闘中のセリフが意味深です。知盛はあっさり入水しちゃった。逃げる還内府。そして、なにやらイヤな感じの政子。えっ?暗殺のターゲットは九郎じゃなくって………望美ちゃんだったのか…。いいです。景時さん。命令守ってください。あなたの手で死ねるなら本望ですから。…汚いよ!頼朝!政子!
 銃口をこちらへ向けて発砲する景時さん。駆け寄ってくれた…。あなたの腕の中でだったら、さみしくありません。(すっかり感情移入)
 ………これで終わりじゃないの?ああっ!魔弾か!戦闘で一回も成功したことないから(笑)、効果はよく知らなかったよ。そういえば、花火の時に一瞬真面目な顔になってた。痛い思いをする前に気絶しちゃう〜みたいな。アレがこれなのか。あと、幻術も役に立った。早く先進みたかったけど修得する為に、頑張って五行上げた甲斐があった。将臣くんは逃亡中。
 逆鱗を景時さんに預けてしまった。こうなったらとことん信じてあげるしかない。朔ちゃんと二人で江ノ島へ。心細いよ〜。もう九郎はどうでもいい(コラ)。おおっ、ここで源氏の武者と戦えるっ!嬉しい。平家の仇とってやるからね!(所詮は平家ヲタ)
 女の子二人だけで、みんなを助けられちゃったよ…マジ?
 義経主従が居ない。もういいや(コラコラ)。そうそう!母上のほうが大事。九郎は鎌倉殿に会えただけマシ。へっ?九郎も、助かっちゃったの?将臣くんまで居る?あれ?ネタバレだ。って、将臣くん、九郎のフルネーム知らなかったのかよ!仲悪くなくって、むしろ気があってたからヘンだとは思ったんだが。ダキニテン…なんの神様だったっけ?
 鎌倉殿VS景時。黒龍の逆鱗も持ってたの?ここの景時さん、凛々しくて好きだ。
 切通。ん?政子、オーラが出てきてるよ。…うわ!ダキニテン、政子だったのか!モロに仏像チックなビジュアルだ。とっても強いが…勝てた。今度のボス音、静かでかえってコワイ。
 頼朝、あっさりと景時さんの願いを受け入れてくれた。素直すぎ。九郎は西国方面を担当するのか。大団円だ。一番理想です。これで景時さんED。洗剤のCMに出てくるような、幸せな家庭を築いて欲しいな。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遙かなる時空の中で3 Ultimate 景時ED しぐれぽ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる