まだ開かないモンステラ

 一昨年、ダイソーで買ったモンステラ。

200615_ma.jpg

 あまり成長していないような。

 他のブログとか見ると、けっこう巨大化しているようなのですが、我が家のモンステラはのんびりさんです。

 久々に新たな葉が出たので撮影しました。

200615_mb.jpg

 まだ葉に穴が開きません。

 これで7~8枚目なのになぁ。途中で正確な数がわからなくなった。

 最近、昼間は外に出していることが多いです。

 モンステラは摩擦に弱いのか、風にそよいでいるうちに葉が傷ついてしまいます。

 この新葉も、それで黒ずんでしまった部分が出てしまいました。

 綺麗に育てるのは難しいです。






高砂の翁に花芽 2020

 今年も高砂の翁に花芽がつきました。

200611_ta.jpg

 いつもこの時季に出ます。 →2019年の記事

 そしていつも花が咲く前に切ります。

 前回は花芽挿しに挑戦。

 こうなりました。

200611_tb.jpg

 今回も、もう少し伸びたら切って高砂部屋の新弟子にしようと思っています。




多肉、しわしわ復活の醍醐味

 一般的に言って、多肉植物は強健で乾燥に強いです。 もちろん例外もあります。

 そんな多肉の復活っぷりを見てみましょう。



 エケベリア・高砂の翁。

200518_td.jpg

 植え替え直後の様子です。 →その時の記事

 植え替え時は扱いやすくするために、土を乾燥させておきます。

 これもだいぶ前から水やりをストップさせていて、カラカラです。

 植え替え後は、さらに1~2週間待ってから水をやります。

 この高砂の翁は1週間後に水やりしました。

200527_ta.jpg

 みずみずしく復活。

 植え替え成功です。




 我が家の水やり番長、コルプスクラリアのレーマニー。

200605_re.jpg

 シワシワです。

 水が欲しくなるとすぐにシワる、わかりやすいヤツです。

 水切れがわかりにくい多肉は、これを目安に一緒に水やりすると大丈夫です。

 水やり翌日。

200606_re.jpg

 シワが取れました。

 水やり番長と呼ぶ所以です。

 多肉栽培は根腐れとの戦いですので(私だけ?)、こういうわかりやすいものは重宝します。

 


コノフィツム・英仁玉、割れる

 昨日コノの水やり控えないと云々言ったばかりなのに、このザマです。

 コノフィツム・英仁玉。

200607_ca.jpg

 たしか2日前、シワシワになっていたので水やりしました。

 早速割れてしまいました。

 もうずいぶん前からウサギみたいになって、はち切れんばかりだったのです。

200607_cb.jpg

 このウサギの耳っぽい部分は、これから水分が抜けていくのでしょうか。

 足袋型はこれ以外ないから、見当もつきません。




梅雨前のコノフィツムあれこれ

 ぷくぷくつやつやだったコノフィツムに変化が出てきました。

200606_ca.jpg

 これは桜の園。

 花がらをすぐに取らなかった為、本体に付いて汚くなってしまいました。気を付けてたんだけどね…

 それはさておき。

 このようなマットな質感になってくるのが、休眠のサイン。

 葉の中で新葉が準備しています。

 以後、水やりは控えます。

 これ以上水やりすると、多分脱皮してしまうでしょう。




 200606_cb.jpg

 これなんか脱皮寸前。

 なのですが、裂け目から覗いているのは種カプセル?

 今シーズンは結構な数開花しまして、結実するのを楽しみにしていましたが、それらしい気配は全くナシ。全部ハズレかと諦めていました。

 でもこれならイケてるかも。

 コノフィツムの種はカプセルに入っているのは知ってたけど、どのようにして種が採れるかは情報がなく、わかりません。

 まだまだ初心者だなぁ。




 ダイソーコノ。

200606_cc.jpg

 一時は命が危ぶまれましたが、見事に復活しました。

181204_ca.jpg

 一番ヤバかったこの状態からスタート。 →関連記事

181204_cb.jpg

 このペラペラな単頭のほうです。

 もう一度現在 ↓

200606_cc.jpg

 脱皮準備中につき、色はくすんでます。ちょっと前はもっとプリプリしてました。



 3個組のほうは…

200606_cd.jpg

 1個脱皮に失敗し消滅しましたが、2つ生き残っています。 桜吹雪の幼苗と同居中。

 大きいほうでもグリンピースと同じくらいのサイズ感です。

200606_ce.jpg

 小さいほうの皮が裂け始めています。次の脱皮で完全復活といったところでしょうか。

 脱皮するまで水やり厳禁とされているコノフィツムですが、この個体の脱皮失敗の原因は水のやらなすぎです。

 真夏でも少量の水やりで、脱皮してしまったら日陰に置く。

 これが私の出した結論です。





お花の季節

 桜吹雪だけではなく、他の植物も花を咲かせています。



 もりもり系セダム。

200605_se.jpg

 マンネングサの何かです。

 皆同じに見えますが、花が咲くのは、道端で拾ってきた一本だけです。



 ランタナ。

200605_ra.jpg

 本格的に開花シーズンがやってきました。

 いつもは盛夏に家を数日空ける際に水切れをおこし、復活に時間がかかるのですが、今年は大丈夫です。 コロナのせいで帰省ナシ。



 ミニバラ。

200605_ba.jpg

 黄色のほうは花ざかり。

 ピンクのほうは、今年出たシュートから咲きました。

 葉っぱが好きで多肉を多く育てていますが、花もいいものですね。



桜吹雪開花 2020

 昨日、アナカンプセロスの桜吹雪が咲きました。

200604_sa.jpg

 この花、天気の良い14時~16時くらいの間にしか咲かないのです。

 今回も正午に見たときは、まだ蕾でした。

 そして14時過ぎに見たらすでに咲いていました。

 いきなり咲いてすぐしぼむという、油断のならないヤツです。



 → 2019年の記事

 → 2018年の記事

 → 2017年の記事

 

 例年、梅雨時に開花しているイメージがあったのですが、そんなことはなく、梅雨入り前の初夏らしい陽気の時に開花していました。

 今年はいつもに増して家に居るので、こまめに観察していきたいと思っております。




フェアアイルヨークプルオーバー完成

 michiyoさんの『じっくり編んで永く愛せるニットのふだん着』から、フェアアイルヨークプルオーバーを編みました。

200602_sw.jpg

 着手したのはGWはじめ。

 今シーズンの年末年始に編もうと、さらにその前シーズンから毛糸を用意していたものです。

200430_sw.jpg

 編み込み楽しい~。

 今回は裏面の綺麗さにも気を配りました。

200501_sw.jpg

 ここからひたすら見頃をぐるぐる編んでいきます。無心になれて良し。

200528_sw.jpg

 今回初めて袖部分をマジックループで編んでみました。

 針がカチカチしないのが快適でした。



 ずっと編んでいたわけではなく、途中で編み物ではない小物をいくつか、マフラー2本、マスク数枚を製作しました。STAY HOME満喫させていただきました。家に大量に在庫があって良かった。手芸店大繁盛で大変だったみたいですね。



200602_sw.jpg

 糸が指定糸より細いのはわかっていました。

 編み進んでいくうちに、これは私には小さくて無理だと気付きましたが、娘たちに訊いたところ、「着る」とのことだったので最後まで編みました。

200602_kn.jpg

 子供服と重ねてみた。

 130サイズのシャツとほぼ同じです。

 これは長女じゃなくて次女向きかもしれない…

 まあ、可愛らしい感じなので子供でもOKだと思います。




 まだ手元に在庫いろいろあるので、また刺繍などの非編み物してから、サマーニットでも編もうと考えております。 手芸店はまだ怖くて行けない。




じっくり編んで永く愛せるニットのふだん着 - michiyo
じっくり編んで永く愛せるニットのふだん着 - michiyo
 メチャメチャ元とれたと思う。良い買い物した。




ミニバラが咲きました

 去年のクリスマス会で長女がもらってきたミニバラが咲きました。

200526_ra.jpg

200526_rb.jpg

 花の色は黄色だったはずでしたが、オレンジっぽくなっています。

 記憶違い?と思い、以前の画像を見てみたらやっぱり合っていました。



 うちに来た当初 ↓

 191218_bb.jpg



 まあ、元気でいてくれるだけで嬉しいです。

 蕾も次々とあがってきています。

200526_rc.jpg

 ひとつの茎に複数花をつけるタイプみたいで、何回か摘蕾しました。

 やっぱりバラは華やかで、ベランダが明るくなりますね。