いつの間にか花芽

 大変風の強い日が何日も続き、多肉のお世話が出来ずにいました。

 やっと落ち着いてきたので、久々にじっくり見てみたら…

200710_ha.jpg

 花芽を伸ばしているものが幾つか。

 高砂の翁、ビスコーサは今シーズン2回目です。高砂の翁は記事にしてます。

 臥牛は、去年と同じ日に花芽を出していました。

 アドロは今回はじめてです。

 今回は花を咲かせようかとチラッと思いましたが、

200710_na.jpg

 切りました。

 アドロは一回見てみたいから残しましたが、他は株の体力温存を優先させました。

 今年は(今年も?)猛暑らしいから、安全第一です。



乙女心と虹の玉、再構築再開

 伸びすぎたセダム・乙女心と虹の玉を再構築するべく、挿し芽を作っていました。 →その時の記事

 4月25日 ↓

200423_hz.jpg

 現在 ↓

200703_sa.jpg

 コロナ云々でヤル気を無くし、そのまま放置してました…

 数が減っているのは、長女の友達に寄せ植えにしてプレゼントしたからです。

 虹の玉は徒長しまくり、乙女心は溶けてきた。

 やっぱり乙女心は弱いです。



 このままではいけないので植え付けました。

200703_sb.jpg

 見るからにやっつけ仕事ですごめんなさい。

 乙女心は最悪全滅するかもです。



 

レジ袋有料化 エコバッグを探す

 今日、2020年7月1日からレジ袋が有料になりました。

 スーパーはともかく、コンビニや売店まで有料化とはいかがなものか、とか思うところはたくさんありますが、ここでは止めておきます。

 私が使用しているエコバッグはひとつ。

 しかしコロナ禍でまとめ買いせざるを得なくなり、足りなくなっていました。

 そんな中での有料化。

 これから必需品になることもあり、数ヶ月前からいろいろ探していました。



 私のライフスタイル。(コロナ以前)

 4人家族の主婦。買い物は週2~5スーパーへ。移動は徒歩。一番多く買うものは牛乳。

 スーパーは徒歩圏にあります。必要なものだけこまめに買う派です。

 希望は【軽くて丈夫なもの。レジ袋程度の大きさ。濡れてもOK】なもの。



 で、いろいろ検討しましたが、

 今使っているものがベスト

 という結果になりました。



 現在使用しているもの ↓

200701_ba.jpg

 Reisenthel(ライゼンタール)社のエコバッグです。

 結婚するときに嫁入り道具として買ったものです。

 そのときは吟味とか全然しなくて、地元の雑貨屋(セレクトショップ)の店頭にあったものを手に取りました。地元はこのテの店がやたらめったらある地域です。

 柄物も何点か並んでましたが、飽きのこないように無地にしました。色もクラフト紙の袋みたいなものを。(直後地味すぎかもとちょっと後悔)

 もう、ガチに使いまくって10ウン年。

 最初、地味かもと思っていた色も、悪目立ちしないし汚れが目立たないので良かったです。

 生地が多少すすけた感じになってますが、穴も開きません。

 むしろ気に入りすぎて他が見つからない。

 現在、この地味な段ボール色は廃版になっています。

 これとか、
ミニマキシショッパーL バロックトープ
ミニマキシショッパーL バロックトープ

 これとか、可愛いんですけどね。
ライゼンタール エコバッグ ミニマキシショッパー ゼブラストライプ L
ライゼンタール エコバッグ ミニマキシショッパー ゼブラストライプ L



 同じようなナイロンエコバッグはいっぱいあるのですが、このライゼンタールのバッグは地味に優れている点がたくさんあります。

 マチがついていてたくさん入りますし、生地はリップストップで非常に丈夫。収納ポーチにゆとりがあり、決まった畳み方がなく、きちんと畳まなくても入る。

 そして使ってみて初めてわかるバッグの形。

 レジ袋と同じ”凹”という形は、肩掛けできず、実は使いづらいのです。

 このバッグのような、畳んだ状態にすると持ち手がくり抜いたようになっているのが良いです。

 本当に、一度使ってしまうと手放せないし、長~く使うことができてオススメです。 LDKでは何故か評価低いけど

 何年後になるかわかりませんが、今のが壊れたら、柄違い買い直します!



 これだけでは何なので。

 コンビニ用の小さいエコバッグ買い足しました。

200625_se.jpg

 セブン限定の”シュパット”です。

 このシュパット、実は生協のカタログにあったりして気になっていました。

 でも風呂敷のような感じが牛乳パックを入れるのに適さないと思って、購入を見送っていました。(一本だけならいいけど、一回の買い物で2~6本買うので)

 カラーリングが可愛かったのと、限定モノに弱いので購入。

 買ったのは一番小さい6Lものです。コンビニじゃ大量に買わないから。

200701_se.jpg

 開くとこんな感じです。コンビニ弁当入れるのに良さげ。

 シュパッと畳めるもの面白いです。

 でも、これより大きいサイズは買わないかな。



 他に気になったのは、JRで無料配布していたエコバッグ。朝10時に行ったらもう終わってました。レスポの日本限定エコバッグも欲しかったけど、5000円という価格が高すぎて断念しました(凹型だし)。

 う~ん。たくさん出てるけど、選ぶのって難しい。





 
 

エヴァンゲリオンを初めて観てみた

 誰もが一度は聞いたことのあるだろうアニメ作品「新世紀エヴァンゲリオン」。

 その一番最初のTV版がTVKにて再放送されていました。

 28日に最終話の26話が放送、録画を見終わったので感想等述べていきます。


 まず視聴に至った経緯。

 エヴァンゲリオン(以下:エヴァ)ですが、今までそんなに興味はありませんでした。

 私にはオタク気質があると自覚しており、ガノタであることは確かですけど、その他のアニメに対してはそれほどヲタ発揮してません。また、何度かこのブログでも言及しているように、「DQは1~3、9、11はプレイしてそれなりにのめり込んだけど、FFは未経験」というように、興味無いものはいかに国民的人気があっても食いつかないタイプです。

 というわけで、エヴァに対しても「人気あるな~」くらいにか思っていませんでした。

 何故、今回観ようかと思ったのか。

・エヴァが元ネタになっているものがわからず楽しめない。

・”原点”がタダで観られる。

 この二点です。

 ガンダムもそうですが、ここまで有名な作品だと、他作品にちょいちょいパロディとかオマージュが出てくるんですよ。それがわからないのが非常に損した気分になる。ガンダムネタが出てくるとニヤリとできちゃう分余計に。

 エヴァ、初放送が1995年、その後劇場版だのなんだの出てきて観たいけど、やっぱ一番最初観ないとわからない。いつか観てみたいけどDVDとか買うまでいかない。(レンタルはどこの会員にもなったことがない)そんな中でローカル局で地上波再放送が始まった。

 ちなみに夫はリアルタイム視聴していて、今回初めて観るという私が羨ましかったようです。


 ”はじめて”とは言うものの、これだけ有名だと「犯人はヤス」のようにある程度はネタバレもらってます。

 私が知っていたこと。

・最後の二話がひどい。

・綾波レイのあれこれ。

・カヲル君の正体。

 「最後の二話」については、いろいろ世間で言われているのは知っていました。でもいつかは観ようと思っていたので積極的に調べることは避けていました。

 それなのに、【Amazon.co.jp限定】勇者ヨシヒコと導かれし七人 Blu-ray BOX(5枚組)(オリジナル映像特典DVD DISC付) - 山田孝之, 木南晴夏, ムロツヨシ, 岡本あずさ, 佐藤二朗, 宅麻伸, 福田雄一
【Amazon.co.jp限定】勇者ヨシヒコと導かれし七人 Blu-ray BOX(5枚組)(オリジナル映像特典DVD DISC付) - 山田孝之, 木南晴夏, ムロツヨシ, 岡本あずさ, 佐藤二朗, 宅麻伸, 福田雄一
「ヨシヒコ」最終話がエヴァのパロディだということを知ってしまいました…。まあ、それが一番の観るきっかけになったんですけど。

 もうふたつは、
新世紀エヴァンゲリオン (10) (カドカワコミックスAエース) - 貞本 義行, カラー
新世紀エヴァンゲリオン (10) (カドカワコミックスAエース) - 貞本 義行, カラー

新世紀エヴァンゲリオン(11) (角川コミックス・エース) - 貞本 義行, カラー
新世紀エヴァンゲリオン(11) (角川コミックス・エース) - 貞本 義行, カラー
 これ、読んじゃった…

 まだ実家にいたとき、弟のを読んでしまったのです。今思うと、よりによってココかよ…と。もうTVでびっくりできないじゃん。

 しかし物語の発端・そこに至る経緯は全然知らないので、結果として全話楽しむことができました。



 感想。

 まず、観たタイミングが現在で本当に良かったと思いました。

 放送当時の自分の周りの状況を思い起こしてみたら、教育実習やら就活やらの時期でした。現実を生きていくのに精一杯でした。だから観なかったのでしょう。(このとき一番ハマってたのは『平家物語』ガチ古文

 怖いのは、これが中二病と重なっていたら…というパターン。あの時期に観てたら、以降リアルで生活できなかったんじゃないかと。

 人生山あり谷ありで、おちこんだりもしたけど、私はげんきです。

 …という冗談はさておき、私は、幼児~成人まで”自分って何?”といろいろ考えては不安定になる子供だったのです。そんなヤツが観たら一発アウトでしょう。しかし現在は世間に揉まれまくった末に這い上がってきた子持ちのおばちゃんです。もう大抵のことじゃ影響されません。

 だから感想としては、よく使徒のパターンかぶらないように作れたなぁとか、エヴァのカラーリングいいなぁとか、箱根行きたいなぁとか、そんなもんです。

 シンジ君も綾波もアスカも、そういう子いるかも、って感じでした。大人は、相変わらず汚い。でも赤木母娘の気持ちはちょっとわかります。自分の中ではすでに捨てた感情ですけども。

 作品全体としては、コメディ回よりシリアス回の方が好きです。エヴァに笑い・爽快さを求めてはいけない。

 問題の25・26話ですが、リアルタイム視聴してたらブラウン管に蹴り入れてたでしょうけど、ある程度覚悟してたからか、そんなでもなかったです。但しちょっと長かった。

 人間、大人になりきる前にいろいろ悩むのは必要であると思うのですよ。




<おまけ>

 夫私物。

200630_uc.jpg

 UCCコラボは長きに行っているようで、UCCのサイト見たら、これは箱根コラボ第三弾みたいです。

200630_ca.jpg

 中身が怖い。





必殺仕事人2020

 昨日放映されたものの録画を見終わりました。

 一言で言うと、終始安定して見られる作品でした。

必殺仕事人2020[DVD] - 東山紀之
必殺仕事人2020[DVD] - 東山紀之

 以下は細かい感想です。(あらすじはかなり省略・ネタバレ有)

 冒頭は事前にネットのニュースを見てしまったため、驚き半減(ってか9割減)でした。

 登坂さんが現役時代、“麿”と呼ばれ人気があったのは知っています。でも私はなぜそんなに持ち上げられたのかさっぱりわからなかった。このニュースはどうでもいい話題でしたが、登坂さんが最後に盛大にネタバレしたため、恒例の『冒頭色物キャラがやられる』シーンが全く楽しめなかったです。そう、所詮色物キャラ枠です。

 その直後のナレは引き続き市原悦子さん。2019のときは追悼テロップ流れてて感動したけど、今回は使い回しじゃね?と思ってしまいました。次回からは存命の方希望です。講談師の神田伯山さんとか良さげ。

 本編。

 今回は“オレオレ詐欺”(劇中では「親だまし」)がテーマでした。


 仕事人時空の江戸では、893とグレ者というワルが存在していました。そして渡辺小五郎属する元町奉行所では、前者の摘発に力を入れている。

 その指揮を執っているのが奉行の湯川(市村正親さん)、その部下の与力・田上(杉本哲太さん)が新任でやってきます。

 …って、え?

 『893』(劇中ではカタカナ)連呼してるけどどうなの?黒々と奉行所にスローガンの紙ぶら下げちゃっているけど大丈夫なの?今は大抵の場所で『反社会的勢力の皆さん』とかぼかしてるけど、この直球っぷりに腰抜かしました。今回も攻めてます。

 『グレ者』はまんま『半グレ』なわけだけど、『グレ』の語源のトリビアも出てきて勉強になりました。(知ってたけど)

 ひょんなことで小五郎は放置子(つゆ)の面倒を見ることになり、経師屋はその母親(たけ)と知り合う。

 たけは自分の店を持ち、そこで娘と暮らすのが夢。そのために娘を親せきに預け、自身は住み込みで水茶屋で働きお金を貯めている。

 この世界の狭さが仕事人。

 さらにリョウは現在庭師を生業としていて、表の仕事で出入りしているのが田上の屋敷。そこで引きこもりの息子・新之丞と懇意になる。

 リョウに心を開いた新之丞は外に出るようになり、二人で歩いているときにふと覗いた私塾・新生塾に通うようになる。

 この私塾、二人が見つける前に登場していて、代表の溝端が駿河太郎さんだから怪しいと思っていた。そこにリョウ&新之丞が通うことになって、まあお膳立てが揃ったな、と思いました。

 この世界の狭さが仕事人。(大好き)

 駿河さんは親子二代で必殺出演ですね。当時は、あの鶴瓶が…って感じで怖かったです。

 第一の仕事の依頼人はおつゆちゃん。

 グレ者は年寄りだけではなく、母子家庭もターゲットにしていた。おたけは証文にサインするとき、グレ者に筆に手を取られながら書いてたから、もしやと思ってたけど、やっぱり読み書きできなかった。そんなこんなでせっかく貯めたお金も騙し取られ、グレ者に詰め寄るも刺されて亡くなります。それをおつゆちゃんが見てしまうという。

 おたけちゃん、可愛くて母親頑張ってる感じも出てて良かったです。生きながらえて加代ポジションに収まってほしかったです。

 おつゆちゃん、お涙頂戴的な芝居じゃなくて、必死に生きている子感が良かったです。小五郎を“ムコ殿”と呼ぶのも好き。いろんなところに出ている子役さんかと調べてみたら、私が見ていたものは丸美屋ののりたまCMだけでした。のりたま一家、お母さん役が木村佳乃さんなんですよね~。ヒガシ家でそういった会話がされたのかな~などと妄想捗ります。

 で、ターゲットのグレ者衆が仕事されます。が、小五郎の仕事したグレ者が大金を運んでいたことから、黒幕がまだいるのではということになります。ここ、金に汚い主水だったら絶対に落ちた小判の一部をガメてるんだけど、全く手をつけなかったのが小五郎らしいと思いました。(冒頭、登坂(のぼりざか)から袖の下を受け取らなかったのも同様)


 新之丞のほうはどうなったかというと、新生塾での熱心さを買われ、更なるステージへと昇格します。(悪い意味で)

 そこでやらされたのがオレオレ詐欺ていうところの“かけこ”と“うけこ”。この場合は電話ではなく手紙を書いているんですが。“うけこ”をしているときにリョウに見つかって咎められたり、溝端一味のやり取りを聞いて、元ヒッキーの世間知らず・新之丞はやっと真相がわかるのですが、時すでに遅し。詐欺の首謀者にされてしまいます。

 それを知った田上は自ら息子を手にかけ、表向きは新之丞が切腹した体にします。

 その直後、奉行・湯川が田上の屋敷に現れます。

 息子共々責任を取らせるため、田上に切腹を命じ、湯川は介錯を申し出ます。

 田上が切腹したところで湯川ネタバラし。

 黒幕は自分だと。

 893を摘発したのは、グレ者が活動するのに邪魔だから。(←かなり粗い説明です)

 そして介錯せずに立ち去ります。これ、武士として最悪。田上さんは酷い死に方をしたことになります。湯川許すまじ。

 遺された田上の妻・しずえが第二の依頼人。

 新生塾スタッフ、塾長溝端、奉行湯川がターゲットです。

 スタッフ→経師屋、溝端→リョウ、湯川→小五郎の順に仕事が進みます。

 経師屋は安定のレントゲン。リョウは園芸鋏(大久保型鋏というらしいです)が今回の得物になりました。今まで危なっかしかったリョウの”仕事”ですが、劇中でも大きく成長したようで、経師屋がこっそり裏手でサポートしようとしていましたが不要だったという描写がされています。
藤光 大久保鋏 180mm
藤光 大久保鋏 180mm


 トリは小五郎。屋外での決闘です。

 市村さん、舞台の人だからオーバーアクションだったら困ると思っていましたが、ものすごく抑えた演技をなさっていて最高でした。田上さんを始末するときは、サスペンスドラマの崖の上の犯人のごとくメチャメチャ饒舌だったのに、小五郎に斬られたあとは一言も発しない。過剰に苦しむこともなく、静かに息絶えたところが良かったです。インタビューで時代劇に非常に敬意を表されていて、少し意外だと思ったとともに、感銘を受けました。

 おつゆちゃんは未亡人・しずえさんが引き取り、江戸を去ったようです。

 渡辺家にて、子供がいると賑やかだったね~云々やり取りがあって、了。



 以前の仕事人でも中村家の養子候補が出てくるとか、赤ん坊を預かったとかいうエピソードがありましたが、今回はその渡辺家版といったところでしょうか。中村家の場合は、せんりつに辟易して出て行っちゃったとかいう結末だと記憶しております。
 おたけ・おつゆ母娘は非常に好感が持てました。仕事人だから悲しい結末になるだろうことは思ってましたが、おたけちゃんの夢は叶って欲しかった。
 田上家は去年実際にあった官僚の家庭がモデルでしょうか。必殺だったらもっと際どい感じでやるかと予想していましたが、思ったよりマイルドでした。哲太さんだったからかな。実際の事件のように息子が暴力振るったりしなくて、新之丞ただの世間知らずな坊ちゃんでした。
 最後に二つの家族が繋がった(おつゆ・しずえ)に救いを感じました。
 新生塾のモデルは…う~ん、わからない。いろんなものを混ぜて薄めた感じでしょうか。
 奉行所の二人、奉行・湯川、与力・田上が重要キャラだったからか、同僚の住之江さん、与力の増村さんは今回出番少なめでした。でもクローズアップされちゃうと死んでしまう場合が多いから、それでよかったです。この二人は裏世界に触れないままでいてほしい。
 てんぷくコンビは前回より馴染んで良くなりました。なんとなく緑子さんに菅井きんさんの面影が重なります。
 仕事人メンバー。
 今回は昔の因縁云々のない話で、ドライな仕事ぶりでした。(嫌いじゃない)前にも書きましたがリョウが成長したのが嬉しかった。今まで情に流されまくるし、仕事でもしくじるし、表の仕事をしっかりやっていることが仕事人だと思っていましたので、ホントにコイツ必要?と思っていました。しかし今回はちゃんと定職についたっぽい。そういう設定上での”しっかり”もありますが、知念くんが上手くなっていたということが一番だと思いました。少年から大人になったなぁ、という。(ジャニヲタではないので詳しくはないです)上に書いた殺しの場面での成長の描写だけでなく、他の場面でも半人前扱いされておらず、リョウ自身も弱気にならず、覚悟を決めた人間として描かれていました。
 経師屋は安定感がすごい。ブレない。今回出番少なかったけど。そしてやっぱり坊主頭のほうが良い。ちなみに娘たちに「ミタゾノさんだよ」とおしえたところ、非常に驚いてました。
 最後に小五郎。だんだん主水との違いがはっきりしてきて、新たな”八丁堀”像が確立してきたなぁと思います。何年も言ってますが、私は渡辺小五郎が大好きです。

 2007年からはじまった”新生仕事人”。ここにきてやっと安定してきたと思っています。時代劇貴重だからこれからも細々とでもいいから続編を出してほしいと心から願っております。


→必殺仕事人2019 の感想はこちら。 「2020は大江戸オリンピック?とか言ってる自分が恥ずかしすぎ。

デアゴスティーニ 必殺仕事人DVDコレクション 完結

 ちょっと前のこと。

 『必殺シリーズDVDコレクション』のTVCMが、盛んに流れていました。

 それまでは確か、仕事人DVDコレクションをやっていた筈。

 早速調べたところ、仕事人コレクションは完結していました。

 待ってた。

 私は必殺仕事人が大好きですが、秀さんが出ていないものはあまり観ないし、無印~Ⅲの一部は録画したものがあるから不要。それもエピソードの質にムラが多いから全部残していません。『激突』は手元にないから欲しかったけど…

 そこで最後の『主水、死す』だけ購入できたらいいな~と思っていたのです。映画館に観に行きました。

 で、注文して、届いた。

200625_hi.jpg

 公開当時、私はJK。懐かしい。

 そして視聴。

 あらすじ、時代背景等は付属している冊子を読めばわかるし、大筋は覚えているから、新鮮さは感じませんでした。

 ストーリーも『主水、死す』と盛大にネタバレしてますし。

 でも、やっぱり良かった。

 劇場版にしてはお祭り感もなく、必殺シリーズによくある時事ネタもなし。せんりつも箸休め的な感じでチラッと登場するのみで、主水との絡みすらありませんでした。

 登場人物も少なめだし、アクションシーンも少なめ。

 事の発端は徳川家の跡目争い。

 家定は実は双子で、その片割れは捨てられたが存命。それを探せ!ってことで、似顔絵作成のために絵師・葛飾北斎が呼ばれるが…


 『仕事人』らしいトンデモ歴史な世界観です。

 徳川家定。『篤姫』では堺雅人さんが演じてらっしゃいました。ここでは細川ふみえ!!! グラビアアイドルじゃん。男ですらないじゃん。

 跡目争いに利用しようとした双子の片割れは、捨てたときは男の衣装を身に着けていたものの、実は女児だったというオチでのキャスティングです。

 私が、ひねくれたJKだった当時は、身体だけのアイドルなんて使うなよ。とかなり否定的な目で観ていましたが、今見てみると、フーミン頑張ってるじゃんと思いました。今のアイドル枠より全然しっかりしていました。


 この跡目争いはストーリー半ばで解決します。 

 その後展開されるのが、愛憎ドラマ。

 お夢(名取裕子)、権の四郎(津川雅彦)と中村主水。それの三角関係?

 結局、権の四郎の一方的な勘違いなんだけど、いやぁ、津川さんが不気味で不気味で。

 あれだけこじれれば全滅エンドしかないでしょ。そのくらい壮絶でした。

 
 この映画の9割支えてるのが津川さんだと断言できます。

 津川さんの凄みだけでも見る価値は十分あります。

 

 三人が三人瀕死の重傷を負ったところで、権の四郎は最後のあがきを見せ、大爆発が起こります。

 それを離れたところで秀・勇次は見届け、去っていきます。

 全てが燃え尽きた焼け跡には、十手が残されていました。

 大怪我してたけど、解釈によっては主水生きてるんじゃ?というラストシーンでした。

 まあ、実際必殺仕事人2007で、中村主水は何事もなかったかのようにしれっと生きていて、あの時見たのは何だったんだろうと、ものすごい肩透かしを食らったわけですが。
 

 私の中では『主水、死す』の時点で中村主水は亡くなっています。

 『2007』以降の主水は、小五郎さんの幻なんじゃないでしょうか。前回の『2018』なんてもってのほか。


 奇しくも『2020』が三日後の6月28日に放送されます。

 もう、出ないよね、主水。


諦めない高砂の翁

 また高砂の翁に花芽がつきました。

200623_ta.jpg

 花を咲かせると体力落ちちゃうから嫌だなぁ。

 この前切ったばかりなのに、子の爺サマ、また根性出してきました。

 もう少し伸びたらまた切ります。







 

ドルフィンネックレス植え替え

 3か月ぶりくらいにHCに行ってきました。

 園芸に関するあれこれは不要不急だという考えからです。 殺虫剤切らしてしまってかなりやばかったけど。

 ずっと植え替えしたくて我慢していたドルフィンネックレス用の鉢も購入しました。

 ということで植え替え。

200617_dn.jpg

 購入当初のプラポットから抜きました。

 土は変なのではなかったから、そのまま根を崩さず植え付けました。

200618_dn.jpg

 これで一安心。

 他にも植え替えたいものがあるのですが、いつものHCは大きくなく、もっと大きい店舗は県をまたがないと行けませんので、まだしばらくお預けです。 




まだ開かないモンステラ

 一昨年、ダイソーで買ったモンステラ。

200615_ma.jpg

 あまり成長していないような。

 他のブログとか見ると、けっこう巨大化しているようなのですが、我が家のモンステラはのんびりさんです。

 久々に新たな葉が出たので撮影しました。

200615_mb.jpg

 まだ葉に穴が開きません。

 これで7~8枚目なのになぁ。途中で正確な数がわからなくなった。

 最近、昼間は外に出していることが多いです。

 モンステラは摩擦に弱いのか、風にそよいでいるうちに葉が傷ついてしまいます。

 この新葉も、それで黒ずんでしまった部分が出てしまいました。

 綺麗に育てるのは難しいです。






高砂の翁に花芽 2020

 今年も高砂の翁に花芽がつきました。

200611_ta.jpg

 いつもこの時季に出ます。 →2019年の記事

 そしていつも花が咲く前に切ります。

 前回は花芽挿しに挑戦。

 こうなりました。

200611_tb.jpg

 今回も、もう少し伸びたら切って高砂部屋の新弟子にしようと思っています。