明けない梅雨とコノフィツム

 ふと気づけば、もう7月も最後の週になっていました。

 まだ小学校夏休みじゃないから、体感で1ヶ月くらいズレてて、雨続きでも「こんなもんかぁ」という感じでしたが、さすがにおかしいと思い始めた今日この頃。



 コノフィツムです。

200716_co.jpg

200716_ei.jpg

 かなり脱皮してきちゃいました。

 育て方のサイトとか見ると『皮をかぶったまま夏越し、秋になったら徐々に水やりし脱皮させる』というのをよく見ますが、ウチのは勝手に脱皮してしまいます。

 しかしその後、秋まで直射日光にガンガン当てなければ大丈夫だということもわかっています。

 水やりは、本体がかなりシワってきたら、夕方鉢の周りにさっとやる感じが最良な気がします。



 今シーズンは、脱皮の傾向が見えた時点から一度も水やりしていません。

 ず~っとムシムシ湿度の高い状態なものだから、土もカラカラではないし。だからいつもに増して脱皮がひどい

 異様な季節だから、今までのやり方でOKなはずがなく、思考錯誤の毎日です。


ゴーラム植え替え

 クラッスラ・ゴーラム(宇宙の木)の植え替えをしました。

200716_ga.jpg

 明らかに鉢が小さいです。

 ちょっと前の強風に耐えきれず鉢が倒れたのは、このゴーラムただひとつだけでした。

 本当は重い陶器鉢を買いたかったのですが、なんだかまた不要不急の外出を控えなきゃならないムードが出てきたので断念。

 空いていたスリット鉢を使用しました。

200715_gb.jpg

 見事な根鉢。NEBACHI。なんとなくローマ字化してみたかった。

 幹は太いんだけど、わりとフニャっとしていて揺らすとプルプルします。

 葉が落ちやすいので、そのまま土は落さず、慎重に。

200716_gc.jpg

 完成です。

 多肉用の軽めな土を使用しましたが、最後のほうで土がなくなってしまい、上に赤玉土を薄く入れました。

 ゴーラムは見た目と「かねのなる木」の仲間であることから、丈夫だと思われがちですが、性質は弱いです。

 真夏は直射日光を避け、冬は15度下回ったら室内に取り込んでいます。 こんなに過保護なのはゴーラムだけ

 冬になったらおしゃれな鉢カバーに入れようかなぁ。

 それまでに気軽にちょっと遠方に行ける世の中になっていればいいけど。



無印良品のマスクとユニクロのマスクを買ってみた

 今や生活必需品となってしまったマスクのあれこれです。

 とはいっても小6の長女のものですので、大人向けの記事ではありません。ご了承ください。



 我が家のマスク事情ですが、使い捨てのものが多少備蓄があるのと、夫の職場から支給されたものもあり、世の中のマスク狂騒曲には参加していません。

 私は自分用に、家に余っている布と手ぬぐいで3枚、小3の次女用に3枚マスクを作りました。

 問題は長女。

 高学年女子に手作りマスクを持たせるのは酷です。気にしない子もいるでしょうけど。

 大人用のマスクだとやや大きく、小さめサイズはさらに入手困難です。

 並ばずに買えるものをいろいろ探しましたが、見つからず。(無理矢理ア〇ノマスク着けさせようとしましたが「アゴまで隠れないと感染防止に意味がない」と強く却下されました)

 しかし学校が再開した6月、ダメ元で無印良品のサイトを見てみたら、マスクが売っていたのでポチってみました。

 半月くらい待つの覚悟でいたら、3営業日くらいで届きました。2枚購入した。

200609_mj.jpg

 夏バージョンではないほうです。

 大人サイズなので長女にはゴムが少し長く、結んで使用しています。

 悪目立ちしないし、繰り返し使えるしで重宝していました。

 しかし、長女は何故かノーズワイヤーをきっちり折って収納していて(※1)、ひとつワイヤーが切れてしまいました。何度も口酸っぱくして注意したのにだ💢

 その上、学校から帰ってくると、今日の給食はミートソースだったのね~とわかるくらい内側が汚れている。💢💢

 これは思ったより寿命が短い。そう思い、代わりを再び物色していました。娘がアホなだけで普通に普通の人が使用する分には全く問題ないです。 

 

 で、先日、たまたま駅ビルの通り抜けで入ったユニクロの店内放送でマスクが入荷していることを知りました。 

 店も混んでなかったし、そろそろ下着買い替えなきゃと思ってたこともあり、マスクも買ってみました。

200713_ma.jpg

 Sサイズです。

200713_mb.jpg

 次女に作ったキッズマスクと大きさがほぼ同じです。

 ちょっと小さかったかな~と思いましたが、伸縮性のある本体(※2)だからか「ちょうどいい」とのことでした。

 ちなみに ↓ 私の着用画像。

200713_mc.jpg

 ボカシがんがん入れました。

 見た目は小さい印象はないけど、耳ゴムは伸縮性がほとんどなく、耳が痛いです。

 肌触りは良かったので、また店頭で見かけたらMサイズ買ってみようかな。

 一番良いのは、並ばずにドラッグストアで一箱500円以内で買える、コロナ以前の水準なのですが、さすがに無理でしょう。






7/16 追記

※1 給食時に畳んで机の上に置くようです。ユニクロマスクは肌側が内側に畳めて使いやすいと言ってました。

※2 ほとんど伸びません。




ミニバラ鉢のこぼれダネ

 非多肉に水やりしていたら、ミニバラ鉢に雑草らしき芽が出ていました。

200712_ko.jpg

 ぽつぽつと双葉が7~8くらい。

200712_ks.jpg

 ………これは!

171018_sa.jpg

 桜吹雪!




 ここ最近、風の強い日が続いていました。

200623_ko.jpg

 すぐ隣に置いた、桜吹雪のこぼれ種が発芽したようです。

 桜吹雪って、蒔いたらすぐ芽が出るんです。

 しかしここまで素早いとは。

 

 過去に桜吹雪の幼苗を植え替えたことがありましたが、植え替えたものはほぼ失敗してしまいました。

 これも移植したらダメになってしまうと思うので、そのままミニバラと同居させます。

 むしろそっちのほうが成長早かったりして。





 

いつの間にか花芽

 大変風の強い日が何日も続き、多肉のお世話が出来ずにいました。

 やっと落ち着いてきたので、久々にじっくり見てみたら…

200710_ha.jpg

 花芽を伸ばしているものが幾つか。

 高砂の翁、ビスコーサは今シーズン2回目です。高砂の翁は記事にしてます。

 臥牛は、去年と同じ日に花芽を出していました。

 アドロは今回はじめてです。

 今回は花を咲かせようかとチラッと思いましたが、

200710_na.jpg

 切りました。

 アドロは一回見てみたいから残しましたが、他は株の体力温存を優先させました。

 今年は(今年も?)猛暑らしいから、安全第一です。



乙女心と虹の玉、再構築再開

 伸びすぎたセダム・乙女心と虹の玉を再構築するべく、挿し芽を作っていました。 →その時の記事

 4月25日 ↓

200423_hz.jpg

 現在 ↓

200703_sa.jpg

 コロナ云々でヤル気を無くし、そのまま放置してました…

 数が減っているのは、長女の友達に寄せ植えにしてプレゼントしたからです。

 虹の玉は徒長しまくり、乙女心は溶けてきた。

 やっぱり乙女心は弱いです。



 このままではいけないので植え付けました。

200703_sb.jpg

 見るからにやっつけ仕事ですごめんなさい。

 乙女心は最悪全滅するかもです。



 

レジ袋有料化 エコバッグを探す

 今日、2020年7月1日からレジ袋が有料になりました。

 スーパーはともかく、コンビニや売店まで有料化とはいかがなものか、とか思うところはたくさんありますが、ここでは止めておきます。

 私が使用しているエコバッグはひとつ。

 しかしコロナ禍でまとめ買いせざるを得なくなり、足りなくなっていました。

 そんな中での有料化。

 これから必需品になることもあり、数ヶ月前からいろいろ探していました。



 私のライフスタイル。(コロナ以前)

 4人家族の主婦。買い物は週2~5スーパーへ。移動は徒歩。一番多く買うものは牛乳。

 スーパーは徒歩圏にあります。必要なものだけこまめに買う派です。

 希望は【軽くて丈夫なもの。レジ袋程度の大きさ。濡れてもOK】なもの。



 で、いろいろ検討しましたが、

 今使っているものがベスト

 という結果になりました。



 現在使用しているもの ↓

200701_ba.jpg

 Reisenthel(ライゼンタール)社のエコバッグです。

 結婚するときに嫁入り道具として買ったものです。

 そのときは吟味とか全然しなくて、地元の雑貨屋(セレクトショップ)の店頭にあったものを手に取りました。地元はこのテの店がやたらめったらある地域です。

 柄物も何点か並んでましたが、飽きのこないように無地にしました。色もクラフト紙の袋みたいなものを。(直後地味すぎかもとちょっと後悔)

 もう、ガチに使いまくって10ウン年。

 最初、地味かもと思っていた色も、悪目立ちしないし汚れが目立たないので良かったです。

 生地が多少すすけた感じになってますが、穴も開きません。

 むしろ気に入りすぎて他が見つからない。

 現在、この地味な段ボール色は廃版になっています。

 これとか、
ミニマキシショッパーL バロックトープ
ミニマキシショッパーL バロックトープ

 これとか、可愛いんですけどね。
ライゼンタール エコバッグ ミニマキシショッパー ゼブラストライプ L
ライゼンタール エコバッグ ミニマキシショッパー ゼブラストライプ L



 同じようなナイロンエコバッグはいっぱいあるのですが、このライゼンタールのバッグは地味に優れている点がたくさんあります。

 マチがついていてたくさん入りますし、生地はリップストップで非常に丈夫。収納ポーチにゆとりがあり、決まった畳み方がなく、きちんと畳まなくても入る。

 そして使ってみて初めてわかるバッグの形。

 レジ袋と同じ”凹”という形は、肩掛けできず、実は使いづらいのです。

 このバッグのような、畳んだ状態にすると持ち手がくり抜いたようになっているのが良いです。

 本当に、一度使ってしまうと手放せないし、長~く使うことができてオススメです。 LDKでは何故か評価低いけど

 何年後になるかわかりませんが、今のが壊れたら、柄違い買い直します!



 これだけでは何なので。

 コンビニ用の小さいエコバッグ買い足しました。

200625_se.jpg

 セブン限定の”シュパット”です。

 このシュパット、実は生協のカタログにあったりして気になっていました。

 でも風呂敷のような感じが牛乳パックを入れるのに適さないと思って、購入を見送っていました。(一本だけならいいけど、一回の買い物で2~6本買うので)

 カラーリングが可愛かったのと、限定モノに弱いので購入。

 買ったのは一番小さい6Lものです。コンビニじゃ大量に買わないから。

200701_se.jpg

 開くとこんな感じです。コンビニ弁当入れるのに良さげ。

 シュパッと畳めるもの面白いです。

 でも、これより大きいサイズは買わないかな。



 他に気になったのは、JRで無料配布していたエコバッグ。朝10時に行ったらもう終わってました。レスポの日本限定エコバッグも欲しかったけど、5000円という価格が高すぎて断念しました(凹型だし)。

 う~ん。たくさん出てるけど、選ぶのって難しい。